肥後すっぽんもろみ酢 飲み方

肥後すっぽんもろみ酢には効果的な飲み方があった!!

肥後すっぽんもろみ酢は、「ダイエット目的でのむ」、「お肌・美容目的でのむ」「疲労回復目的でのむ」など様々な目的でのまれています。

 

目的が違えばのみかたも変わるのでしょうか!?どうせ飲むなら少しでも効果的にのみたい!!ですね。

 

体重を減らすということは、体の中で消費エネルギーが摂取エネルギーより多くなると言い換えることができます。

 

消費エネルギー>摂取エネルギー

 

消費エネルギーがいつも摂取エネルギーを上回っていれば体のエネルギー消費が進みます。つまり、体内に蓄積された脂肪も消費されていき、痩せることに繋がっていきます。

 

ここで体の1日エネルギー消費量の内訳をみてみると

 

基礎代謝(70%)⇒安静にしていても生命活動維持に使われるエネルギー

例)呼吸、内臓の動き、体温維持など

 

生活活動代謝(20%)⇒日常生活の動作に使われるエネルギー

例)家事、仕事、運動など

 

DIT(食事誘導性体熱産生)(10%)⇒食事により消化吸収過程で発生する熱エネルギー

 

エネルギーを消費するということは、これらの3つの代謝によって、どんどんエネルギーが使われていく、ということなになるのです。

 

ダイエット目的で飲むならいつ飲むのがいいの?

基礎代謝には消費エネルギーの70%が使われているのにはびっくりしますね。

 

基礎代謝は生きている間は休むことなく24時間ずっと体の中で行われている代謝なので特にいつのまないといけない、ということとはあまり関係はありません。

 

体質的に胃が弱いという方は食後にのむほうが負担が少なくていいかもしれませんね。

 

基礎代謝でエネルギーを一番代謝しているのは心臓や肝臓などではなく体を動かす骨格筋なのだそうです。

 

安静にしていても消費されるエネルギーが基礎代謝エネルギーなのに、骨格筋で一番消費されているのは、不思議ですね。

 

実は、体温維持のための熱産生の8割が骨格筋のミトコンドリアという器官で作られるために、そこでどんどんエネルギーが消費されることになるそうです。

 

体を動かさない睡眠中でも熱は作り続けられますから、筋肉で一番エネルギーが消費されることになるのです。

 

このミトコンドリアは、体を動かして筋肉がどんどん動くと、熱をつくる働きを活発にしてくれるそうです。

 

しかも、筋肉を動かすほどミトコンドリアの数自体も増えていき、益々熱生産効率が高まります。その結果、体温が上昇することになります。

 

体温が1度上がると基礎代謝消費エネルギーは12%増加するそうです。

 

基礎代謝は24時間休むことなく行われますので、体温上昇によるエネルギー消費のアップの積み重ねは、とても理にかなったダイエット効果が期待できますね。

 

基礎代謝をアップさせて、ダイエット効果を高めるには、のむタイミングよりものみ続ける、継続することが一番大切といえそうです。

 

体温が上がると、血行がよくなり、体の隅々の細胞まで十分な酸素や栄養が運ばれ、老廃物は排泄される方向にすすむので、細胞の新陳代謝は益々高まる好循環につながります。

 

アミノ酸が基礎代謝を上げる、ということは体温上昇による影響が大きいといえます。

 

体を動かすならいつ飲むといいの?

生活活動代謝ですが、これは、動くつまり筋肉を動かすことで消費されるエネルギー代謝のことです。

 

アミノ酸を摂取して有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、水泳など)を行うと、リパーゼという脂肪を分解する酵素の働きが高まり脂肪が燃えやすくなるそうです。

 

これぞ、アミノ酸ダイエットで脂肪を燃焼させよう!!ということですね。サプリメントによるアミノ酸の吸収は30分くらいで行われるそうです。

 

そのため、運動、活動30分くらい前にアミノ酸を摂取しておくのが理想的といわれています。

 

また、運動する⇒筋肉を動かす⇒筋肉が疲労する、ということになります。運動や活動後にアミノ酸が体に豊富にあると、筋肉回復を促進させてくれるそうです。

 

長時間又は激しい運動、活動の後にアミノ酸を補ってあげることは筋肉を減らさない、筋力を弱めないためには効果的といえます。

 

食事での代謝を上げるにはいつ飲むのがいい?

DITは食事による吸収、消化活動が活発にならなければいけません。それには、消化酵素や代謝酵素などが体に不足しないことが一番大事になります。

 

酵素はそもそも蛋白質。タンパク質の材料であるアミノ酸、特に体で作ることのできない必須アミノ酸が不足してしまっては酵素が十分に作られず、消化、吸収力は落ちてしまい、結果的にDITも落ちてしまうことになります。

 

特に寝ている間には、体に必要な物が多く作られる、といわれています。夕食後や睡眠前にアミノ酸をとることで、必要な酵素やホルモンがしっかり作られ、消化⇒吸収⇒代謝の一連の流れにはとても効果的といえます。

 

アミノ酸の中には、それ自体が血管を拡げ、血流をよくさせる働きを持つアミノ酸もあります。血流がよくなれば体温が上がります。体温が上がると、酵素の働きは活発になります。

 

体温が低い人は、食前にアミノ酸をとっておくと、血流改善効果で体温が高まり酵素による代謝促進が高まって効果的かもしれません。

 

代謝機能が落ちることと、体温が下がることにはとても大きな関連性があることに気付かされますね。

 

美容・お肌の為にはいつ飲むのが効果的?

夜10時から夜中の2時頃は肌や髪の毛、体の細胞がつくられれたり、免疫力が高まる「シンデレラタイム」といわれています。

 

肌も髪の毛も細胞もタンパク質でつくられています。ここでもアミノ酸が必要となります。

 

この夜10時から夜中の2時頃時間帯にアミノ酸が体内に豊富にあり、質のいい睡眠がとれていると、更に細胞再生などは促進されることになります。寝る前にのむとより効果的といえますね。

 

睡眠にいい影響を与えるといわれるアミノ酸にグリシントリプトファンがあります。睡眠時には体温は少し下がるのが快適な睡眠の状態です。

 

アミノ酸であるグリシンには深部体温という体の中の熱を放散させる働きがあり、放熱によって熱が下がることで脳や体は快適な睡眠状態が得られるそうです。

 

トリプトファンというアミノ酸は、眠気を促す睡眠ホルモン「メラトニン」の材料として必要です。

 

メラトニンは年をとると脳内での分泌が減ってくるそうです。メラトニンの材料としてトリプトファンの摂取が必要となってきます。トリプトファンは体内ではつくれない必須アミノ酸です。

 

トリプトファンは酢には含まれていませんが、すっぽんに含まれているため、すっぽんもろみ酢だとしっかり補うことができて安心です。

 

質のいい睡眠はお肌にも精神的にもいい影響を与えるので、寝る前に肥後すっぽんもろみ酢をのむことは、相乗効果が高まりそうですね。

 

疲労回復にはいつ飲めばいい?

疲労物質といわれる乳酸などの酸性物質をクエン酸が分解してくれます。

 

疲れたと感じた時に、体内には疲労物質がたまっていますから、その時にのむと一番効果的といえますね。

 

何かイベントや大仕事があって今日は疲れがでそう、と予想できるときは先にのんでおくと、疲労物質が早めに分解されて疲労感を減らすこともできるかもしれませんね。

 

肥後すっぽんもろみ酢のもろみ末には米酢の1000倍のクエン酸が含まれています。

 

クエン酸をしっかりとれるすっぽんもろみ酢って、ここでもしっかりサポートしてくれる心強いサプリメントといえます。

 

まとめ

★基礎代謝を上げるためののむタイミングは特にないので、胃の弱い方は食後にのむほうがいい。継続してのみ続けていくことが大切。

 

★運動や何か活動をする30分前にのむと運動による脂肪代謝が促進される

 

★肌や美容に良いと言われる「シンデレラタイム」に合わせて、美容にも影響を与える質のいい睡眠をとるためにも、寝る前にのむとより効果的。

 

★消化・吸収・代謝の一連の流れがスムーズに進むには、消化酵素や代謝酵素は欠かせない。夜間に酵素は盛んに作られるので、夕食後や寝る前にのむことで酵素の材料となるアミノ酸を補うことができる。

 

★疲れを感じたら、その時にすぐのんで原因の疲労物質をクエン酸で分解してもらう

 

「のむタイミングは大切!!」更に大切なのは 「できるだけ長くのみ続けていくこと!!」

 

今ならとってもお得に購入できるチャンス!!こちらの公式サイトからのご購入が一番お得です!!

 

お得なキャンペーンのご案内はこちらから